短肌着の選び方

生まれてすぐに使用する短肌着は、新生児の敏感な肌に直接触れます。体温調節が上手にできない新生児を守るために、短肌着を選ぶ時にはどの様なポイントがあるのでしょう。

新生児肌着の素材は重要です。直接肌に触れるので、綿やガーゼなどの肌に優しい素材が使われているか確認しましょう。伸縮性に優れたフライス編みや保温性に優れたスムース編みなど、編み方によっても通気性や肌触りが変化します。

機能面や縫製も確認が必要です。タグが肌に直接触れないかなどの縫製の確認や、着脱のしやすい打ち合わせかどうかなどです。新生児だけでなくお世話をする側にも負担が少ない作りの物を選びましょう。

サイズは身長と月齢で表示されます。生後3ヶ月頃までの標準的な身長は約50cm前後です。短肌着は生後すぐから3ヶ月頃までを目安としているので、50cmや50~60cmなどを3~6枚用意しましょう。新生児はおむつ替えやミルクで肌着が汚れたり、汗を大量にかいたりして1日に2回以上着替えが必要になる場合もあるので、洗濯を考慮して複数枚揃えましょう。海外製の肌着はサイズ表記や実際の大きさが日本製の新生児服と違う場合があるので注意が必要です。

新生児用肌着の最大の目的は、体温調節をしながら敏感な肌を清潔に守る事です。新生児が快適に過ごせる短肌着を選びましょう。

短肌着の特徴

体温調節のために必要な新生児服の肌着には、コンビ肌着やロンパースなど様々な種類があります。そのなかでも最初に必要となるのは短肌着です。新生児服の定番でもある短肌着にはどの様な特徴があるのでしょう。

新生児短肌着は生後すぐから3ヶ月頃まで着せる、腰丈の肌着です。着物の様に前開きになっていて、紐などで止めて肌に合う様に調節できます。裾が短く前開きなので、首がすわっていないねんねの状態でも、着替えやおむつ替えがしやすいつくりになっています。袖は半袖と長袖、ノースリーブがあるので、季節や上に着る新生児服に合わせて選べます。

縫製にも新生児に優しい様々な特徴があります。タグや縫い代が肌に直接触れない様、袋縫いにするか表に出ています。汗がたまりやすい襟ぐりは締め付けない様ゆとりがあり、パイピングを施して肌触りを良くしています。腕まわりはゴロつかずに動かせる様、袖付けは平面縫製になっています。打ち合わせもゴロつかない様に紐や面ファスナーになっています。

短肌着は重ね着がしやすいという特徴もあります。短肌着の上に長肌着やコンビ肌着を重ね着させたり、更にドレスオールを着せたりする事もあります。室内であれば短肌着のみで過ごすこともできます。短肌着を一番下に着せ、季節や気温に応じて上に着せる新生児服で体温調節をしましょう。

必要不可欠な新生児服

様々な種類がある新生児服には新生児用に特化した肌着もあります。新生児服や新生児用の肌着には、新生児にとって必要な様々な工夫がされています。特に短肌着は生まれた直後から必要になります。体温調節機能が発達していないため汗を大量にかく新生児にとって欠かせないアイテムです

短肌着短肌着は生後3か月ごろまで着る肌着です。腰丈で前開きなので、ねんねの状態で着脱やおむつ替えがしやすいという特徴があります。紐で結ぶなどして体に合わせます。縫製にも工夫がされています。タグが肌に触れないため表に出したり襟ぐりにパイピングを施したり、打ち合わせや袖廻りをゴロつかせないなどです。重ね着がしやすい事も特徴です。基本的に短肌着を一番下に着せ、長肌着やコンビ肌着などを気温に応じて重ね着します。半袖と長袖、ノースリーブがあり、室内なら短肌着のみでも過ごせます。

短肌着を選ぶ時は、素材と編み方、縫製と機能面、サイズを確認しましょう。編み方によって肌触りなどが変わるので確認しながら、綿など優しい素材を選びます。新生児の肌に対する縫製と、着脱のしやすさなどお世話する側の機能面も確認しましょう。サイズは生後3ヶ月頃までの標準的な身長とされる50cmなどを3~6枚用意します。新生児は1日に2回以上着替える場合もあるので複数枚用意することが必要です。外国製の肌着は実際の大きさやサイズ表記が異なる事があります。

短肌着は新生児にとって基本となる肌着です。肌を清潔に保ち快適に過ごせる様、汗を吸ったり保温したりします。このサイトでは短肌着の特徴や選び方を説明します。