短肌着の特徴

体温調節のために必要な新生児服の肌着には、コンビ肌着やロンパースなど様々な種類があります。そのなかでも最初に必要となるのは短肌着です。新生児服の定番でもある短肌着にはどの様な特徴があるのでしょう。

新生児短肌着は生後すぐから3ヶ月頃まで着せる、腰丈の肌着です。着物の様に前開きになっていて、紐などで止めて肌に合う様に調節できます。裾が短く前開きなので、首がすわっていないねんねの状態でも、着替えやおむつ替えがしやすいつくりになっています。袖は半袖と長袖、ノースリーブがあるので、季節や上に着る新生児服に合わせて選べます。

縫製にも新生児に優しい様々な特徴があります。タグや縫い代が肌に直接触れない様、袋縫いにするか表に出ています。汗がたまりやすい襟ぐりは締め付けない様ゆとりがあり、パイピングを施して肌触りを良くしています。腕まわりはゴロつかずに動かせる様、袖付けは平面縫製になっています。打ち合わせもゴロつかない様に紐や面ファスナーになっています。

短肌着は重ね着がしやすいという特徴もあります。短肌着の上に長肌着やコンビ肌着を重ね着させたり、更にドレスオールを着せたりする事もあります。室内であれば短肌着のみで過ごすこともできます。短肌着を一番下に着せ、季節や気温に応じて上に着せる新生児服で体温調節をしましょう。

Pocket